Liv's Home!

インテリアのことや作ったもの、日々の他愛ないことについて

端材で愛犬をペイント、自立させてインテリアに!

今日は趣味のお話を載せさせてください。

絵です。

lh060101.jpg


最近端材を購入してきて
アクリル絵の具で犬を描くのに
はまっています。

アクリル絵の具とアクリルガッシュを
混ぜて使っているけど

いいのだろうか、

そもそもアクリルとガッシュと何がどう違うのか
違いが分からない。
(それでも趣味かといいたい!)


と、調べてみたら解決しました。

アクリル絵の具はアクリルガッシュとアクリルカラーに分かれていて、
アクリルカラーは透明、アクリルガッシュは不透明という性質があります。
つまりアクリルカラーで描くと仕上がりが艶やかに、
アクリルガッシュで描くと仕上がりがマットな雰囲気になります。
どちらも接着力は強く乾くと耐水性になります。


だ、そうでした。
この説明、何度も色んなところで読んでいるのに
(しかも趣味なのに)すぐ忘れてしまう。

でも説明を読まなくても
描いてたらなんとなく違い
分かりますね。

アクリルガッシュは重々しくて塗るとその色がべったりとする、
アクリルカラーはガッシュに比べて薄付きで軽い感じ。

何と言ったらいいかわからないですが
私は色をはっきり際立たせたい時にガッシュに手が伸びます。
色を混ぜたい時や軽く塗りたいときはカラーを使っています。

ちゃんと使い分けられているので安心してください。(誰も心配してないよー)


おっと、アクリル絵の具の違いに
時間を割いてしまった。


ごめんなさい。



でも今日のブログはアクリル絵の具で描いた
簡単な愛犬の絵です。




リビングに置いてますこの棚の
左側中段ちらっと見えている…


lh052800.jpg


ここに描いた絵を飾っています。


lh052802.jpg


以前一度ご紹介させていただきましたが
もう一度お付き合いください。
こちらです!


lh060100.jpg



こちら、第1号です。
たぶん人生で初めて端材に描いた犬です。



そして第2号

青を使って色を、変えてみました。


lh060104.jpg


玄関に飾っていたこちら
こちらも以前ご紹介させていただきましたが
もう一度お付き合いください!(*- -)(*_ _)


lh060102.jpg


そして最新作がこちら、


lh060103.jpg


以上です。



簡単に制作過程をば…



端材にペンキで色を塗って乾かす
一日待つ
100均の落書き帳に下描きする
一日置く
カーボン紙を使って端材に下描きをトレースする
後は色を塗るだけ!
ここは楽しいので一気にやってしまいます




あまり写真にとらないので
いきなり愛犬が出来上がってる写真からで
すみません。


これは端材をペンキで塗って
愛犬の絵をひとまず描いたところです。


lh060105_20170607175903750.jpg


赤、黄、紫、黄土色…

背景にピンクとグレー、イエローを入れて


lh060101.jpg


出来上がり。

第1号の絵の説明なので
今後発展していくはず。

いつかもっとうまくなったら
この記事見返してみようと思います。






ちなみに、使っているペンキはこちらです。

ミルクペイント(左)
ミルクペイント for ガーデン(右)
 
お店:お家王国

左は水性で扱いやすいです。
手も筆も、
使ったペンキはすぐ水で洗えば落ちます。
アメリカントラッド調の色調で16色展開されています。

右は屋外用としても使えます。
庭やベランダに映えるアンティーク調の色が
揃っています。
14色展開です。


バターミルクペイント

こちらも屋内外で使えるペンキです。
小物作りでは
ミルクペイントとそんなに使い心地は変わらず。
23色展開されています。




どちらも気になる匂いもほとんどなく
小物作りには200mlが扱いやすいです。
 ※今回のこれくらいなら
  もう一サイズ小さいのでもいいです。


今回はパントンというペンキも使いました。
カインズホームのペンキで
パントンカラーを再現したペンキです。
こちら(カインズホームのサイトに飛びます)



また、作ります!



長くなりました。お付き合いありがとうございます。




ランキングに参加しています。
順位が上がり下がりするたびに一喜一憂しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。



ずっと見ていられる素敵なブロガーさんの面白い記事がたくさん。



今日も良い一日を。

スポンサーリンク

  愛犬 端材 ペイント ペンキ